本文へスキップ

信託に関する特例

(1) 受益者等が存する信託

委託者の死亡により信託の効力が発生する場合

信託の委託者の死亡により、信託の効力が発生した場合には、その信託の受益者は信託財産に係る
資産及び負債をその信託の委託者から遺贈により取得したものとみなします。

受益者等の死亡により新たに受益者となった場合

受益者等の死亡により、新たに受益者となった者がある場合には、その新たに受益者となった者は
信託財産に係る資産及び負債をその受益者であった者から遺贈により取得したものとみなします。

受益者等の死亡により信託が終了した場合

受益者等の死亡により信託が終了し、残余財産を受けることとなった者がある場合には、その残余
財産を受けることとなった者は、その残余財産をその受益者から遺贈により取得したものとみなします。

(2) 受益者等が存しない信託

委託者の死亡により信託の効力が発生する場合

信託の委託者の死亡により、信託の効力が発生する場合において、その信託の受益者等となる者が委託者の
親族であるときは、その信託の受託者は信託財産に係る資産及び負債をその委託者から遺贈により取得した
ものとみなします。


受益者等の存する信託について、受益者等の死亡により受益者等が存しないこととなった場合

受益者等の存する委託について、受益者等の死亡により受益者等が存しないこととなった場合において、
次に受益者となる者がその信託の委託者または前の受益者であった者の親族であるときは、その信託の
受託者は信託財産に係る資産及び負債を前の受益者であった者から遺贈により取得したものとみなします。

(3) 贈与により取得したものとみなす場合

上記(1)や(2)の場合が、その信託の委託者や受益者の死亡によらない場合には、それぞれ贈与により
取得したものとみなします。

(4) 特別障害者扶養信託

特別障害者を受益者とする特別障害者扶養信託契約に基づく信託について、信託の際、税務署に障害者非課税
信託申告書を提出した場合には、信託受益権の価額のうち6000万円までは贈与税の非課税財産となります。


ひょうご税理士法人

【 塚口本店 】
〒661-0012
兵庫県尼崎市南塚口町2丁目6番27号 →アクセス

TEL 06-6429-1301
FAX 06-6429-2150


【 川西支店 】
〒666-0021
兵庫県川西市栄根2丁目6番37号
→アクセス

TEL 072-767-7770
FAX 072-767-7754