本文へスキップ

生命保険金等の評価

被相続人が保険料を負担していた保険契約は被相続人の相続財産とみなされ、以下の区分によって
それぞれの金額が評価額となります。

(1) 生命保険金等

被相続人の死亡により、相続人その他の者に支払われる生命保険金または損害保険金については、その取得
した生命保険金または損害保険金の金額が評価額となります。
また、相続人が取得した生命保険金等の合計額のうち下記計算式によって計算された金額は非課税となります。

計算式

500万円 × 法定相続人の数

(2) 生命保険契約に関する権利

相続開始の時において、保険事故が未発生の生命保険契約については、相続開始の時における解約返戻金の
金額が評価額となります。

(3) 定期金に関する権利

遺族年金等の公的な年金については相続税はかかりませんが、個人年金等の私的年金については下記の
場合に区分し、それぞれの金額が評価額となります。

定期金給付事由が発生している場合

以下に揚げる金額のうち最も多い金額

  1. 解約返戻金の金額
  2. 定期金に代えて一時金で受けることができる場合には一時金の金額
  3. 予定利率、複利年金現価率等に基づいて計算した金額

定期金給付事由が発生していない場合

原則として、解約返戻金の金額

(4) 定期金に関する権利の評価の経過措置

平成22年3月31日までに交わされた契約で平成22年4月1日から平成23年3月31日までの期間に契約者の
変更や受取人の変更をした場合には、改正後の定期金に関する権利の評価が適用されます。


ひょうご税理士法人

【 塚口本店 】
〒661-0012
兵庫県尼崎市南塚口町2丁目6番27号 →アクセス

TEL 06-6429-1301
FAX 06-6429-2150


【 川西支店 】
〒666-0021
兵庫県川西市栄根2丁目6番37号
→アクセス

TEL 072-767-7770
FAX 072-767-7754