本文へスキップ

未支給年金の評価

未支給年金の評価は以下のとおり。

(1) 国民年金法に基づく未支給請求権

国民年金法に基づく未支給請求権は、死亡した受給権者の遺族が、その未支給年金を自己の固有の権利として
請求するものですので、次のいずれの場合も相続財産に含まれません。

  1. 被相続人が、すでに年金の受給資格を有していたにもかかわらず、社会保険庁に請求をしていなかった
    場合に、相続開始後に相続人が支払請求した場合。
  2. 被相続人が、すでに年金の受給を受けており、相続開始日以前の月分の年金を受給する場合。

(2) 上記(1)の未支給年金に対する所得税法上の扱い

上記(1)の未支給年金は、所得税法上、遺族の一時所得になります。
遺族が受ける遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族一時金、国民健康保険の葬祭費及び健康保険の埋葬料等は、
相続財産にはなりません。
企業年金法に基づく遺族一時金については、退職手当金等として取り扱います。


ひょうご税理士法人

【 塚口本店 】
〒661-0012
兵庫県尼崎市南塚口町2丁目6番27号 →アクセス

TEL 06-6429-1301
FAX 06-6429-2150


【 川西支店 】
〒666-0021
兵庫県川西市栄根2丁目6番37号
→アクセス

TEL 072-767-7770
FAX 072-767-7754